コラム検索

7月になりました!

今日、関東は梅雨の合間の五月晴れでした☀️暑かったですね。

6月も終わってしまいました!

6月の後半はお稽古のお菓子に水無月を使いました。

6月1日に氷室から氷を取り寄せる氷の節句(氷の朔日とも)を表現した三角形と、6月30日の夏越の祓を表現した魔除けの豆を散らしたお菓子だそうです。

夏越の祓には半年間の穢れを祓い無病息災を祈って、「水無月の夏越の祓いする人は千歳の命のぶというなり」と唱えながら茅の輪を3回くぐります。

魔除けといえば鍾馗様、先週まで床の間に小鬼を捕らえた鍾馗様の絵をかけておりました。

楊貴妃を愛した玄宗皇帝が瘧(おこり)にかかり床に伏せ、高熱の中夢をみたそうです。宮廷の中で小鬼が暴れていました、そこに鍾馗様が現れ小鬼を捕らえて食べてしまい、「自分は鍾馗、科挙の試験を受けたが落第して恥じて自殺をしてしまった!だがその時の皇帝が手厚く葬ってくれたので恩に報いる為にやってきた!」と告げ、玄宗皇帝が目を覚ますと熱が下がって病気が治っていた!

というお話しから、鍾馗様は魔除けの神様になられたのだそうです。

鍾馗様を掲げ、茅の輪をくぐり、水無月を食べて半年の穢れを祓い、6月が終わりました!さぁ、新しい自分になって又半年頑張りましょう✌️