茶箱

又々台風が発生して心配です。

八角磨盤空裏走という軸を掛けました、八角形の大きな臼が空を走る、もう1つの部屋には東山水上行の軸、東山が水の上を行く、どちらもそんな訳ないでしょう!!って叫びたくなる様な事ですよね!八角磨盤空裏走は宗峰妙超大燈国師の問答の言葉だそうです。禅の問答は凡人には逆立ちしても理解できなくて頭がパニックを起こして思考停止してしまいそうです。禅語集を開いてみてもその解説が又々難しくてよく分からない、やっぱり凡人には無理だ!!!と諦めてしまいます。良い事も悪い事も起こった事に対しては諦める事も、仕方ないじゃない!と思う事も精神的な平安には大事だ〜〜!と開き直り、臼が空を飛ぼうと、東山が水の上を行こうと、すご〜いと開き直るしかないなあ!と思いながら軸を見つめています。

いよいよ茶箱を出して茶箱のお稽古をしています、茶箱も幾つか色紙点用の籠も幾つか、出すだけで大変でついつい一年のうち暑い夏に一回しかお稽古出来なくてお弟子さんには申し訳ないのですが、まあ頑張って覚えてください!と言っています。茶箱のお約束を覚えて、後はそれぞれの違いを覚えて、お道具の置き場所を覚えればどうにかなるから!と叱咤激励しています。お弟子さんも、最初に薄器を置く場所を清めて〜、蓋が閉まるのと閉まらないのと順序が違うのよ〜、と私の口真似をしながら頑張っています。あ〜〜〜〜😱もうすぐ茶箱を片付けなきゃ!茶箱はお道具も可愛くて楽しいんだけどなあ〜〜😍