臘八大摂心

今月、一払消群魔の軸を掛けています。主人が臘ハだからなあ〜!と言っていて、そうだ!臘八だった!と気が付きました。御釈迦様が菩提樹の木の下で八日間座禅をなさり12月8日の明けの明星を見て悟りを開かれたという事で、禅寺では臘八大摂心の修行をなさるのだそうです。臘月(12月)1日から8日間不眠不休で座禅をされるとの事!大変!私なんか裏千家学園の朝の座禅だけでも嫌だ〜〜!と思っていたのに、1日中お掃除と東司の時間以外は座禅と経行だけ😲8日間😲途轍もなく大変そう😰

という話を社中にしていて、

私 :そういえば苦行をなさって悟りを開けなくて村に下りてこられた御釈迦様に女の子が乳粥を供養して後、川で沐浴をして菩提樹の木の下に座して悟りを開かれた!さあ問題です!その女の子の名前は何でしょう⁉️

社中一同:えっ!何の事ですか?

私:ダララララ〜(答えの前の小太鼓の音、この表現でいいのかなあ?)!!さあその答えは‥!スジャータです!

社中:またまた〜〜!(爆笑)スジャータはコーヒーフレッシュ   でしょ!

私:本当です!コーヒーフレッシュはどうもそのお話から名前が付けられたみたいよ!忘れられないよねえ〜〜!

妹分:そんな情報いつ仕入れたの?

私:え〜〜!随分前だけど!言わなかった?

楽しい稽古場風景でした😅厳格な臘ハ摂心には程遠いお話になってしまいました〜〜💦