美術ツァー5日目

梅雨寒です🌧田植えが終わり青々とした水田が美しい季節ですね。流石に早乙女が田植えをする事はありませんが頭の中で早乙女が田植えをしている景色を想像しています。妄想癖があるのかしら?でも楽しいですよ!美味しいお米が出来るのが楽しみです。いつもは娘の友人の嫁ぎ先で出来るお米を食べていますが去年のお米はもう無くて、今年とれるのを楽しみに待ってます。田植えが終わった田圃を見て元気に台風なんかに負けないで大きくなぁれ!と念じています。

さぁ、5日目です。今日は高速鉄道で広州迄行くので大きな荷物を持っているのは大変という事で、先に広州に荷物を運ぶ車をガイドさんが急遽手配してくださって、お陰様で重たいスーツケースは荷物車の運転手さん達が2階3階から降ろして下さいました。有り難い!荷物車いっぱいにスーツケースや紹興酒を積んで先に広州に出発して行きました。私達は温泉が有って、バナナの木が植わっているステキなリゾートホテル🏨をバスで出発、南華寺へ!どんな所かしらとワクワクしながら着いたお寺の立派な事!お詣りの人も平日なのにいっぱい!日本では曹渓山宝林寺という名前の方が有名でしょうか?六祖慧能禅師がここから禅を広めたので、「曹源一滴水」や「一華開五葉」の言葉があるそうです。日本の禅がここから広まったのかと感慨深い思いでした。山門には曹渓の大額が掛かり、中に入るとお線香の煙と香り、多くのお詣りの人、流石に慧能禅師が南宗禅を広めた発祥の地、禅宗の祖庭だと身が引き締まりました。お若くてハンサムなお坊様に案内していただいて慧能禅師のミイラ?即身仏?がお祀りしている祖師殿に向かいました。まさか祖師殿でお茶を差し上げられるとは思ってもいませんでしたのでびっくりいたしましたが、こんな光栄な事はありませんでした。ツァーでご一緒のご住職がツァーに正式な袈裟をお持ちになり、きちんとお着替えをされて読経されている間に主人がお濃茶と薄茶を六祖慧能禅師にお供えさせていただきました。(ここで娘達からこんな変な格好の人と絶対に絶対に一緒に歩きたくない!と言われながら日本から肩にかけて持って来た上敷きを使いました😅)読経の最後にご住職がツァー全参加者の健康と旅の安全をお祈りくださいました、慧能禅師が見守ってくださっている様で参加者皆様涙しておられました。いろんな人や物や自然に見守られて人生が送れていることに気付かされ大事に人生を送っていかなければ!と誓いました。式が終わり、どこかその辺で小さなお茶会をしたいのだけれど、その辺にお茶道具を広げて良いですか?と聞きましたら、ご案内くださっているお坊様が、せっかくですからどうぞ応接室をお使いください!と仰ってくださり、広い広いお寺の中を歩かせていただきました。参詣の方達が入れない場所ですが、お掃除が行き届きちりひとつ無いのには驚きました。もう一つ驚いた事に、途中若い雲水と一緒に一所懸命鋸を引いていらっしゃる老僧にお会いしました。聞くと、南華寺の前の老師、御年94歳との事、「一日不作、一日不食」(1日なさざれば、1日食らわず)の精神なのでしょうか?皆で止まって手を合わせご挨拶させていただきました。老師もよく来たね!というような優しいお顔で挨拶を返してくださいました。有り難い!その後応接室で皆様にも薄茶一服召し上がっていただき、ご案内頂いた御坊様にも召し上がっていただきました。誠之会の美術ツァーのガイドを務めてくださっている宋さんと戚さん、その戚さんがお知り合いの江西省の御坊様にお願いして、その御坊様から正式に南華寺にお話を通してくださって実現した有り難い時間でした。禅宗に深く影響を受けているお茶をさせて頂いてはいるものの、禅宗寺院関係でない人間の申し出を快く受けてくださり、祖師殿でお茶を差し上げる許可をくださった大きな御心に感謝です。お寺にお供えをしたいのだけれど、中国では表書きはなんて書けばいいの?と宋さんに聞いたところ、「祖庭再拝」って書くのはどう?と!良い言葉だなあ〜!とそのように書かせていただいてお供えさせて頂きました。絶対に慧能禅師のお寺で家族全員の御数珠を頂いてこよう!と決めていたので御数珠をいただきに!え〜っと!大人が6人で〜〜、そうそう妹分の所にも頂いていこう〜〜!と大奮闘していただいて外に出て、皆様に披露していると、その中のお一人が、「宗香先生!子供用の御数珠が1つ足りなくないですか?」えっ!五つ頂いてきたよ!「お孫さん、6人ですよね!」えっ!一歳もいる?「そりゃあいるでしょう!大きくなってみんな持ってるのにどうして僕のは無いの?ってなっちゃいますよ!」そうか!ちょっと急いでもう一つ頂いてくる!置いていかないでね!待っててね!と念を押して売店へ!そうか〜〜!一歳も必要なのか〜〜!その後は昼食へ!珍しく牡蠣料理の水上レストランへ、美味しかった!どうも池で養殖しているようでした。そこから韶関駅へ!ここで5日間お世話になったバスと運転手さんとお別れ🙋‍♀️運転手さん、29歳、奥様27歳、お子さん11歳、9歳、7歳、5歳と6人家族!えっ😅大家族!若いのに偉い!凄い!ビックリでした。これから11時間もかけて南昌に帰るのだそうです。これまで安全運転をしてくれてありがとう😊気を付けて帰ってね〜〜😊さあ高速鉄道です、1時間で広州駅に着きました。荷物は先に荷物車で送っていたので、身軽に移動出来ました。宋さん、戚さん、心遣い有難う!助かりました!広州でも古玩城へ、でも私は古玩城はパスして1人でブラブラ近くの公園に行って来ました。立派な広い公園でお土産屋さんも沢山有って、池のほとりの建物で越劇を観賞しました、京劇と共に中国2大演劇といわれるそうです。よく分からない私は宋さんに、京劇観てきたよ!と報告したらそれは京劇じゃなくて越劇だよ!え〜?どう違うの?って感じでした🤣夕食は公園の近くのレストラン、ここも水上レストランみたいな所でした。今年の中国での最後の夕食、豪華なお部屋で豪華な食事、あ〜〜、帰りたくないなぁ!月餅で有名な蓮香楼でお菓子を、お茶やさんで広州で出来る英徳紅茶を手に入れて(中国茶と紅茶が大好きな孫1号に中国で出来る珍しい美味しい紅茶を買ってくるからね✌️と約束していたので‥)、久し振りに都会の五つ星ホテルに、やっぱり五つ星は良いなあ!今日の夜は荷造りです、荷造りは大変です😰主人が😅頑張ってね〜〜😘