美術ツァー6日目

五月晴れです☀️梅雨の晴れ間、暑いけれどどんよりした空から解放されて気持ちが良いですね😍一昨日、孫2号は雨で楽しいという自作の歌を大きな声で歌いながら、傘をさしているにもかかわらずずぶ濡れで楽しそうに学校から帰って来たそうです。孫4号はずぶ濡れなので、傘をちゃんとさしなさい😤と怒っているママに、「ママ、この雨はお米とお花が喜ぶ雨だね☔️」と‥‥ママは怒る気が失せたそうです。子供の感性はなんて楽しいんでしょう💕確かにこの雨がないと作物もお花達も育たないんですよね〜✌️ずっとこんな感性が持てると人生楽しいのに!と思わせてくれた出来事でした。

美術ツァー6日目です、帰国の日です。名残惜しい!流石に都会の五つ星ホテル✌️と思わせてくれる充実したお料理に飲み物、デザート、オープンキッチンではコックさんが卵やホットケーキを焼いて、コーヒーも紅茶もテーブルに注ぎにきてくださって、最後の朝食も中国でしか食べられない物を食べないといけないので(いや、よく考えると食べなきゃいけないわけではないですね😅)ついついあれもこれも!となってしまいます。ホテルを出発する時には玄関で素敵な女性のホテルの方が、笑顔で大きく手を振って見送ってくださいました。ガイドさんが、このホテルの結構偉い方らしいですよ!との事、有難うございます。ホテルからエジプトの神、アヌビスの像?が出迎えてくれる広東省博物館へ!どうしてアヌビス?どうもエジプトの特別展があるからのようでした。えっ!特別展が終わるとこの立派な像は取り壊されるの?又の時のために何処かに保管するのかしら?私達は陶器の部屋へ!潮州窯、水車窯、雷州窯の物が沢山展示してあり、今回の旅の良い復習が出来ました。染付で鳳凰の絵が書いてあるお皿には雄と雌の鳳凰が、珍しく雄と雌の違いが顕著に描かれていました、やっぱり雄の方が長い綺麗な尻尾、華やかな姿でした。鳥の世界と人間の世界の違い?😜と思いたい😂広州空港の近くで昼食、今年最後の中国のお食事も豪華でした✌️空港は北京や上海の様な混雑もなく快適に手続き出来ました。宋さんや戚さんとここでお別れ、来年の山西省の手配をお願いしながら、今年も下見にまで行って準備してくださった感謝も伝えながらバイバイ👋しました。飛行機の中で日本の映画を見ながら、日本食を食べて少しホッとしながら帰って参りました。今年も沢山お話してくださる為に大変なご準備をしてご一緒にしてくださった中澤先生、陰ながら中澤先生を助けて皆様に接してくださる川瀬先生、南華寺では素晴らしい読経をしてくださり、慧能禅師や禅のお話もしてくださったご住職、怪我もなく病気もなく楽しそうに旅をしてくださった皆様、留守の間家を守ってくださって快く旅に出してくださったツァー参加者の周りの方々、中国の窯趾をご案内頂いた研究者の方々、ガイドさん、運転手さん、一週間お稽古ができなくてなんとなくしわ寄せがきてしまった誠之庵の社中、誠之庵の家族スタッフ、皆様のお陰で今年も無事にお勉強も出来て、楽しい事も経験できて、有り難い旅ができました。有難うございました🙇‍♀️来年の美術ツァーに向けて又お勉強しなきゃ!人生いくつになっても学べる事が有るのは嬉しいですね。