楽しそう!

本日は淡交社の灰形特別講習です。1日トータル5時間皆様頑張られます。灰形は私など今でも悪戦苦闘しているのですが受講者の方々も悪戦苦闘していらっしゃる様子です。緻密に灰を押し込まない様にフワフワと灰づもりをした上を灰匙を灰に乗せないようにそ〜〜っと真っ直ぐに動かす(今でもなかなかですが‥‥)これが難しい!灰匙はけっこう重いんです、その重さを灰の上にドンっと乗せるともう灰は沈んでしまいます。柔らかい灰は出来ません!と言われてもねえ〜〜〜〜😥それだけでも大変なのに灰匙がチョットでも傾いていると筋がついたり灰を削ってしまったり、とにかく基本に忠実に沢山やってみるしかないようです。灰匙が真っ直ぐに動くようになる前に挫折してしまう方もいらっしゃいますが、それを乗り越えるとまあなんとなく楽しさも見えてくるように思います。私はそれを乗り越えるのに皆様の何倍もかかってしまったので長〜い道のりでした。灰を見るのも嫌で嫌で嫌で、それが灰匙が少し動くようになるとチョット(チョットですよ!!)楽しくなって、毎回今迄出来なかった場所がへ〜〜こうするとどうにかなるのね〜〜!と発見出来る事もチョット楽しくなってきました。皆様今日5時間一緒に頑張りましょう!私がどうにかなったのですから大丈夫です🙆主人からは出来ない事を自慢するんじゃない!と言われますが、自慢してるんじゃなくてチョットでも灰に親しもうと思えるようになった事を自分で褒めているんです、誰も褒めてくれないから‥‥

関東で大雪だった次の日、孫1号の学校は休校だったのですがその次の日に学校に行くとまだかなり積もっていてスノーブーツと手袋(雪の日に遊ぶ為に学校に置いているんです)で先生方と大きな雪だるまを作ったりかまくらを作ったりしたそうで、お勉強だけでも大変でいらっしゃるのにそれだけではなくて子供の情操も豊かにしてくださる先生方に感謝です。

首都高速も通行止めで東京の仕事から時間をかけてようやく自宅へ戻ると孫達がおじいちゃまとおばあちゃまが帰ってくるから!と玄関の横にひっそりと可愛い雪だるまを作ってくれていました。雪だるま1つでとても暖かい気持ちになりました、ずっとそういう優しい気持ちを持ち続けてくれると有難いなあ!