大徳寺開山忌

寒くなりました!先週大徳寺の開山忌に伺いました。日帰りだったのですが、新しくなった野村美術館に向かう途中思いがけず南禅寺の見事な紅葉に会えました🥰中に入るともっと見事だろうと思ったのですが断念!でも思いがけず!ですから幸せでした💕

徳禅寺の和尚様に呼んでいただいて、初めての大徳寺の開山忌に伺って参りました、大燈国師宗峰妙超の開山忌、とにかく荘厳で重々しくて身がキュッと引き締まる法要でした。御本尊、法堂の天井の狩野探幽の雲龍図に見守られ、鳥の鳴き声と風の音、和尚様方の法堂沓をする音、身じろぎの音さえも憚られる様な凛としたピンと張った空間の中でのお家元の御献炭と御献茶は裏千家の茶を修養している者にとって畏れ多いことながらなんだか誇らしい気持ちでした。その後お経が始まり管長様はじめ和尚様方が経行(きんひん)をなさいました。経行は静かにひたすら歩行しますが、私達学園時代には歩く座禅の様なものだから心して歩きなさい!といわれておりましたが‥早く終わらないかなあ〜〜と思っていた事を思い出しました😓罰当たりな!和尚様方は烏帽子もおつけになり禅宗の正式な装束とはこういう装束なのか!と目を見張りました。多分これが紫衣なのかな?と思われる法衣をお召しになっていらっしゃる和尚様方を見て紫衣事件というのはこの紫衣を許す許さないの問題だったのだなあ!と感慨深い思いでした。

法要の後のお膳の美味しかったこと🥰一休さんの精進料理でした。お酒も寒かったでしょうから熱々におかんしておきました!との心使いで身も心も暖かくなりました。