南禅寺別荘群

先月、お茶会で南禅寺界隈別荘群の1つに伺って来ました。他言無用なので何処だかは言ってはいけないのかなあ?非公開のその別邸は重要文化財になっているそうです。茶室になっている舟も有って、舟遊び?が出来る大きな池が中心に有ります。茶室もお庭の中にポツンポツンと建っていて、その中でお茶をいただける事は現実とは思えない心が洗われる様な幽玄の世界でした。明治大正昭和の財界人や政治家の財力は計り知れない😱と感嘆でした。前日の準備に伺った時に別邸を管理されている方が、今ちょうど時間があるから建物とかお庭とか説明してあげようか?と!お手伝いの皆さんが一所懸命準備をしていらしゃるのに、ふらふらサボっている私達がそんな幸運に恵まれて良いのかしら?と思いながらもこんな機会はこれから先絶対無いよね〜〜!✌️チャンスの神様の前髪はなんとしてでも掴まなければ!との精神で色々と説明をしていただきながら案内していただきました。なんて果報者でしょう😍私達がふらふら別邸の中を歩いているのをお茶会の準備で忙しい和尚様に見つかり、お叱りを受けるかとへへへ😰と笑っておりましたら、「案内してもらっていたのか?なんて要領が良いんだ😅良かったな!」とのお言葉でホッとしました😅南禅寺山を借景に、春は桜、夏は青紅葉、あやめと半夏生、秋は紅葉、冬はお庭の雪、持ち主は大変なしんどい事業をなさっていたからこそ、こういう別邸でお茶を楽しみ心の洗濯をなさっていたのかなぁ?と思いを馳せました。素晴らしい経験でした。各季節に伺ってみたいなぁ😍でももう一生行けないかもしれない所だから、無理だなぁ😢