初釜も無事に終わりました!

関東は晴れが続きとても乾燥しています、火事も多くなっていて、インフルエンザも流行っていて、大雪に困難な思いをされている方には申し訳ないのですが雨が降ってくれれば良いのになあ!と思っています。

ですが、少し雨が降ったものの良いお天気で初釜を終えられて感謝しています。去年行った中国の窯跡を懐かしく思い出し、今年の中国の窯跡も楽しみに、今年の徳禅寺の和尚様の和敬、萬里一条鉄、の御教えを胸に刻みながら皆様をお迎え致しました。いつもの蓬莱山荘り、いつもの結柳、結柳は中国の綰柳条(旅に出る人の無事を祈り無事に帰って来られる様に別れに際してお互いに柳の枝を輪にして結ぶ)の故事から利休居士が別れの茶会に使われ、それが一陽来復の意味も込めてお正月に使われる様になったと何かに書いてあったなあ!なるべく長〜〜く床の間にたれているのが縁起が良いという事で、近くに生えている柳ではそんなに長い枝は無いので毎年お願いして持って来ていただきます。何年か前の大河ドラマ、別れのお茶のシーンで綰柳条の故事から柳を結んで使いました。何人の方が気が付いてワー!と言ってくださるだろうか!と密かに楽しみに撮影した事を思い出します。いつものいつもの!これが大事だと歳をとって思います、いつもの様に出来る幸せを感じながら、いつもの様に皆様とおめでとう🎉が言えて、いつもの様に孫1号、2号、3号も皆様にご挨拶が出来、今年も頑張ろう💪と誓いました!1号は大きくなってもう私や娘の振袖が着られます、まだ子供なので肩上げをしていますが来年はどう頑張っても肩上げをすると袖巾が足りなくなるんじゃない?とヒヤヒヤしています、まだ小学校三年生なのにどこまで大きくなるんでしょう?、2号は昨年少し長いかな?と思っていた袴がもう少し短いかな?と思えるようになりました、3号は1号の七五三の着物が着られるようになりました。昔からいらしてくださっているお客様は、娘達がこんなだったのにねえ〜!と懐かしんでくださり、娘達が子供の頃の事を懐かしめる位誠之庵も随分長くやって来れたわね!と喜んでくださいます。本当に支えてくださる皆様のお陰だと身に染みて感じられます、いつもの様にそれを絶対に忘れず人生を送っていかなければ!