お祝いのお茶会

冬季オリンピックも沢山のメダルと共に終わりに近ずいていますね、次には冬季パラリンピックが始まります。メダルも頑張りの成果ですし日本を元気にしてくれる様でウキウキします、メダルが取れなかった競技も選手の方々もこれまでの尋常では無い頑張りに拍手喝采しています。僅差でオリンピック出場が叶わなかった選手の方々の事も考えながら日本の若者もみんな頑張ってるなあ〜!と思う今日この頃です。

先日お世話になっている先生のお祝いのお茶会に伺って来ました。先生のお社中主催でお弟子さん方が先生の為に一所懸命やられている姿は頭が下がる思いで、お社中にこのようにして頂ける先生はお幸せだなあ!日頃の素晴らしい御教えにお社中が感謝していらっしゃるからだろう!私達も精進しなければと思わせて頂きました。お社中の中に淡交社から出ている「おしゃれさんの茶道はじめて物語」「サミーとサルルのはじめてのお抹茶」を書かれている永井郁子さんがいらっしゃいます、いつも刊行されると送ってくださるのですが、小学校2年の孫1号の愛読書になっています。電車の中でも読んでいるとお伝えしましたらあかね書房から久し振りに出された「わかったさんとおかしをつくろう」シリーズを送ってくださいました。わかったさんの絵を描いていらっしゃいます。このご本も早速孫1号が読んでいました。娘達もワー!懐かしい!!と大喜び!娘二人で小さい頃によく読んだよね〜!と懐かしそうでした。長い間沢山の人々に読まれた本はやっぱり素晴らしい!