「お茶事ができる懐石レシピ」

先日の稽古の折にお若いお弟子さんが「お茶事ができる懐石レシピ」の本を買って、お茶事はまだ出来ないけれどお夕食に作ってみてます!と仰っておりました。そうねえ!あの本は近くのスーパーやデパ地下にある食材で出来るものを考えて下さい!と編集者に言われて考えたものだからちょっと贅沢なお夕飯には良いわね!とみんなで盛り上がりました。近くのスーパーの食材でどうにか出来るじゃない!と思えるようになったきっかけはもう20年近く前ある場所を借りてお茶事をした時の事、前日に茶席のお道具と懐石のお道具、懐石の下準備をした食品を持って準備に入って食品を備え付けの冷蔵庫に入れてさあこれで明日の茶事の準備はオッケー👌と帰って次の日早朝にその場所へ伺って料理を!と思い冷蔵庫を開けてビックリ‼️何と、冷蔵庫が壊れていました(ギャ〜〜‼️)何せ夏の暑い時期、食材は全て腐って使い物になりません!今日の茶事はキャンセル?という声が頭をよぎりましたがお客様に突然のキャンセルをご連絡するすべも無く、11時席入りですのに10時にしか開かないスーパーに駆け込み、使えそうな物を手当たり次第カゴに放り込み、無い頭をフル回転させてどうにか料理をしてお料理をお出ししました。後で意見を聞きやすいお客様にその事をお話しして申し訳ありませんでした!と申しましたらそんな風には感じなかったわよ!と慰めていただきました。心を込めて料理をすれば珍しい食材を使わなくても喜んで頂けると確信した良い経験でした。その経験を糧にして出来た本はなんだか愛おしいものです。それを大事なお金を出して買って活用してくださっている事はとてもとても有難いです。

先日孫2号が不注意で公園の遊具から落ち骨折、手術をしてギプスをはめて退院です!とのご説明で、説明のプリントを見ながらギプス?ギブスの印刷間違いじゃないの?でもギプスって堂々と書いてあるし‥‥間違いだと信じているので思わず吹き出しながら読んでいると(孫が痛がっているのに不謹慎なおばあちゃまです!)、娘が今はギプスって言うらしいよ!そんなバカな!昔からギブスだわよ!私が中学の時側弯症ですって言われてギブスを作らされた時にもギブスだったわよ!と言ったのですがどうなの?と調べてみましたらギプスが正しいんですって!ビックリ‼️何十年も間違えていました!

孫3号は小学校入学の面接、稀に見る人見知り、内弁慶、よく知らない人の前だと無言無表情、少し顔を見たことのある方にも多少笑いながら無言、プラス大きな目でジーッと睨みつけてる、どうなるのかと思っていたら案の定面接の間無言無表情、唯一言葉に出したのは「将来の夢は?」の問いに「アイカツ!」(テレビのアニメの主人公)だったそうです。おばあちゃまは可愛〜〜い😍と思いますが、親は恥ずかしくて苦笑いするしかなかったとの事!落ち着いた秋の時期なのにあれこれ騒がしい小澤でした😂